地元大阪人がガイドする素顔の大阪城

豊臣時代の大坂城はいつ建てられたのか

豊臣時代の大坂城はすべて地中に埋められたため、現在は何もうかがい知ることはできません。では、その豊臣大坂城、「太閤さんのお城」はいつ造られたのでしょうか。

秀吉が大坂城築城に取りかかったのは1583(天正11)年9月1日です。その後、4期に分けて工事が続けられ、1598年か99年頃に、のべ15〜16年かけて全城域が完成したというのが定説です。

最初に造られたのは本丸と内堀ですが、これは一から造ったものではなく、1580(天正8)年に織田信長に降伏した石山本願寺の「城」跡を全面的に利用したと考えられています。

<写真> 『大坂城 天下人二人の武略燦然』学研、2000年、51頁。

大坂城 天下人二人の武略燦然

当時、日本に長く滞在したポルトガル人のルイス・フロイスは、秀吉の城は「ことごとく旧城の壁および堀の中に築かれた」と記しています(『フロイス日本史』)。

この「旧城」が「本願寺大坂城」を指すことは間違いないでしょう。秀吉は、信長が武力では10年かかっても落とせなかった「本願寺大坂城」を信長の死後(1582年6月死亡)、まるごとちゃっかりといただいたのです。

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ

もくじ
大阪城の3つの意味
天守閣の由来
お城とはどの部分か
お城の曲輪と丸
大坂城の初代城主
大手門の枡形虎口
大阪城の桃園
徳川家康の天守砲撃
淀殿ら自刃の地
大阪城の西の丸庭園
真田幸村の抜け穴跡
豊臣秀頼は巨漢?
大坂城をつくったのは?
豊臣時代の大坂城
再建後の天守閣
石山本願寺「大坂城」
豊臣時代の石垣発掘抗
蓮如上人袈裟懸けの松
大阪城の3代目天守
大坂城の配水池管
普通の人々も戦った
大名屋敷と町名の名残り
細川ガラシア像
南外堀石垣の「謎の穴」
大河のような堀
白龍大神とは
天守閣の日本庭園
大砲・お城のドン
豊国神社の復興