地元大阪人がガイドする素顔の大阪城

大阪城天守閣の隠れスポット・日本庭園

大阪城天守閣にこんな景色があることをご存じの方は、そう多くないでしょう。知る人ぞ知る、通のスポットです。

日本庭園

大阪城の本丸には、1947(昭和22)年まで紀州御殿と呼ばれる桃山様式の壮大な書院建築がありました。

1885(明治18)年、紀州徳川家の和歌山城二の丸にあった御殿を移築したもので、当初は大阪城を占有していた旧陸軍の師団司令部庁舎として利用されました。

戦後は占領軍が接収しましたが、1947年、失火により御殿は全焼してしまいました。その結果、付属していた西側の庭園だけが残ったのです。

桜門から本丸に入るとすぐ天守閣がアップで目に入るので、つい天守閣に直行してしまい、他に何もないかのように錯覚しがちです。

が、結構いろいろなものがあります。天守閣広場の西南にある2軒の売店の間を抜けると、日本庭園へ出ます。

ただ、残念なのは庭園そのものの中に入れないのと、周りにベンチがないことでしょうか。

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ

もくじ
大阪城の3つの意味
天守閣の由来
お城とはどの部分か
お城の曲輪と丸
大坂城の初代城主
大手門の枡形虎口
大阪城の桃園
徳川家康の天守砲撃
淀殿ら自刃の地
大阪城の西の丸庭園
真田幸村の抜け穴跡
豊臣秀頼は巨漢?
大坂城をつくったのは?
豊臣時代の大坂城
再建後の天守閣
石山本願寺「大坂城」
豊臣時代の石垣発掘抗
蓮如上人袈裟懸けの松
大阪城の3代目天守
大坂城の配水池管
普通の人々も戦った
大名屋敷と町名の名残り
細川ガラシア像
南外堀石垣の「謎の穴」
大河のような堀
白龍大神とは
天守閣の日本庭園
大砲・お城のドン
豊国神社の復興