地元大阪人がガイドする素顔の大阪城

お城とはどの部分をさすのか

<写真> 北側から見た大阪城全域

北側から見た大阪城全域

お城というと、私たちはつい、一番目立つ天守だけを思い浮かべがちですが、正確にはこの部分だけを指すのではありません。

お城とは、敵の攻撃から守るために立て籠もる空間全体のことなのです。すなわち、堀、石垣、塀、櫓(やぐら)、その他のあらゆるものをまとめた呼び名です。

もちろん、天守もそのなかに含まれています。

確かに、壮大な天守は見た目にも映えますし、領地支配の象徴ともなります。いざ、戦(いくさ)となれば、遠くを見晴らす高台ともなるでしょう。(これが、天守本来の目的でした。)

同時に、天守は守りの最後の拠り所(よりどころ)ともなります。つまり、天守が敵の手に落ちるときは、戦いに負けるときです。

ですから、近世城郭では、天守を中心に、設計上のさまざまな工夫をこらしてあります。

敵ができるだけ城内へ侵入しにくいように、仮に侵入したとしても、なるべく天守に向けて前進しづらいようにしてあるのです。

お城とは、そうした構造物や設備を全部ひっくるめた空間を指す言葉なのです。

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ

もくじ
大阪城の3つの意味
天守閣の由来
お城とはどの部分か
お城の曲輪と丸
大坂城の初代城主
大手門の枡形虎口
大阪城の桃園
徳川家康の天守砲撃
淀殿ら自刃の地
大阪城の西の丸庭園
真田幸村の抜け穴跡
豊臣秀頼は巨漢?
大坂城をつくったのは?
豊臣時代の大坂城
再建後の天守閣
石山本願寺「大坂城」
豊臣時代の石垣発掘抗
蓮如上人袈裟懸けの松
大阪城の3代目天守
大坂城の配水池管
普通の人々も戦った
大名屋敷と町名の名残り
細川ガラシア像
南外堀石垣の「謎の穴」
大河のような堀
白龍大神とは
天守閣の日本庭園
大砲・お城のドン
豊国神社の復興