地元大阪人がガイドする素顔の大阪城

大阪城大手門の枡形虎口(ますがたこぐち)

お城や曲輪(くるわ)の出入口を虎口(こぐち)といいます。防御の面からみれば、敵の侵入速度を遅らせるため出入口を屈折させ、なおかつ幅を狭くするのが有効です。

昔から、お城や砦の出入口はL字型に曲げたり直角に2回折れ曲がるようにしたりと、さまざまな工夫がされてきました。

しかし、攻撃に転じることを考えると、出入口を複雑かつ狭くするのは速攻性を削ぎますし、攻撃をやめて城内に素早く引くには、出入口は広く真っ直ぐの方が犠牲を少なくできます。

防御と攻撃の要求を同時に実現するのは、二律背反というわけです。

その矛盾を高いレベルで解決したのが、枡形虎口(ますがたこぐち)です。外門の内側に四角形(枡形・ますがた)の広場を設け、三方を土塁または塀で囲ったものをいいます。

外門を破って侵入した敵は枡形の広場で立ち往生し、そこを三方から鉄砲や矢で狙い撃ちされ、大打撃をうけるという仕組みです。

<写真> 大坂城大手門の枡形虎口を南西から写す

大手門枡形虎口

土塁や塀の上に長屋を設けたものを多聞櫓(たもんやぐら)といい、それで枡形を囲うのが最も完成された虎口の形です。

大阪城大手門(追手門とも。正面口のこと)は、日本最大の枡形虎口となっています。

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ

もくじ
大阪城の3つの意味
天守閣の由来
お城とはどの部分か
お城の曲輪と丸
大坂城の初代城主
大手門の枡形虎口
大阪城の桃園
徳川家康の天守砲撃
淀殿ら自刃の地
大阪城の西の丸庭園
真田幸村の抜け穴跡
豊臣秀頼は巨漢?
大坂城をつくったのは?
豊臣時代の大坂城
再建後の天守閣
石山本願寺「大坂城」
豊臣時代の石垣発掘抗
蓮如上人袈裟懸けの松
大阪城の3代目天守
大坂城の配水池管
普通の人々も戦った
大名屋敷と町名の名残り
細川ガラシア像
南外堀石垣の「謎の穴」
大河のような堀
白龍大神とは
天守閣の日本庭園
大砲・お城のドン
豊国神社の復興