地元大阪人がガイドする素顔の大阪城

豊臣家の復権と豊国神社の復興

豊臣秀吉といえば大坂城、というわけで、秀吉が息を引き取ったのは大坂城と思っている人が多いようです。

が、秀吉は太閤(前の関白を意味する一般尊称)となってからは伏見城に移り、最期も実は伏見城で迎えたのです。

秀吉は京都東山阿弥陀ヶ峰の山頂の墓に葬られ、山麓には壮大な豊国(とよくに)神社が造られました。

しかし、大坂の陣で豊臣家を滅ぼした徳川家は、豊臣大坂城を地中に埋めただけでなく、豊国神社も破壊してしまいました。

時が過ぎ、明治になると、新政府は豊臣家の復権を宣言しました。豊国神社は復興し、同時に大阪・中之島に別社が造られたのです。(正確には別社の方が先にできました)。

大阪の別社は最初、現在の中之島公会堂の場所にありました。のちに現在の大阪市役所の場所に移り、さらに、大阪市役所の建設にあたって土地を交換し、現在の大阪城内に移転しました。

現在では別社ではなくなり、豊国(ほうこく)神社として独立しています。

数年前、正面鳥居の前に豊臣秀吉像が建てられましたが、何というべきか ・・・。

豊国神社

御神体が鳥居の前に立ってていいんでしょうかね。

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ

もくじ
大阪城の3つの意味
天守閣の由来
お城とはどの部分か
お城の曲輪と丸
大坂城の初代城主
大手門の枡形虎口
大阪城の桃園
徳川家康の天守砲撃
淀殿ら自刃の地
大阪城の西の丸庭園
真田幸村の抜け穴跡
豊臣秀頼は巨漢?
大坂城をつくったのは?
豊臣時代の大坂城
再建後の天守閣
石山本願寺「大坂城」
豊臣時代の石垣発掘抗
蓮如上人袈裟懸けの松
大阪城の3代目天守
大坂城の配水池管
普通の人々も戦った
大名屋敷と町名の名残り
細川ガラシア像
南外堀石垣の「謎の穴」
大河のような堀
白龍大神とは
天守閣の日本庭園
大砲・お城のドン
豊国神社の復興