地元大阪人がガイドする素顔の大阪城

明智光秀の娘・細川ガラシアの像

大阪市立青少年会館から一筋南、東南角に越中公園があります。以前、このあたりが越中町と呼ばれていたからですが、その由来は豊臣時代、ここに細川越中守忠興の屋敷があったとされることによります。

公園の北西には細川邸の井戸跡という「越中井」(写真)があります。

越中井

戦前にはこれも「真田の抜け穴跡」のひとつとされた時期があるそうです。真偽のほどは定かでありません。

細川忠興といえば、正室である細川ガラシアの夫として知られています。ガラシアはあの明智光秀の娘で、本名を「たま」といいます。

彼女は忠興に嫁ぎますが、父・光秀の信長に対する謀反(=本能寺の変)によって累が及ぶことを恐れた忠興の手で丹後に幽閉されます。

沙汰がやみ、大坂屋敷で暮らすも忠興は彼女を疎ましく扱います。それがあってか、彼女はキリスト教に心の救いを求め、洗礼名ガラシアを授かりました。

細川ガラシアが丹後に幽閉された経緯や夫・忠興の人物像、彼女の改宗の理由などは伝説の通りなのか、定かではありません。

が、関ヶ原の戦いの際、大坂方の手によって屋敷が攻められ、ガラシアが悲運の人生を閉じたのは事実です。

現在、越中公園の南隣にある聖マリア大聖堂の前には「細川ガラシア像」(写真)があります。

細川ガラシア像

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ

もくじ
大阪城の3つの意味
天守閣の由来
お城とはどの部分か
お城の曲輪と丸
大坂城の初代城主
大手門の枡形虎口
大阪城の桃園
徳川家康の天守砲撃
淀殿ら自刃の地
大阪城の西の丸庭園
真田幸村の抜け穴跡
豊臣秀頼は巨漢?
大坂城をつくったのは?
豊臣時代の大坂城
再建後の天守閣
石山本願寺「大坂城」
豊臣時代の石垣発掘抗
蓮如上人袈裟懸けの松
大阪城の3代目天守
大坂城の配水池管
普通の人々も戦った
大名屋敷と町名の名残り
細川ガラシア像
南外堀石垣の「謎の穴」
大河のような堀
白龍大神とは
天守閣の日本庭園
大砲・お城のドン
豊国神社の復興