地元マニアが案内する素顔の大阪城

ようこそ大阪城へ

大阪のシンボルというと、あなたは何を思い描かれるでしょうか? 通天閣や万博公園の太陽の塔もありうるでしょうが、大阪城を筆頭にあげることに異論のある人は少ないでしょう。

<写真> 大坂城全域

大坂城全域

<写真> 天守閣西面の威容

天守閣西面

天守閣だけでも、来館者は年間120万人にのぼります。人数のカウントできない大阪城公園全体の来園者となると、一体、何人になるのか想像もできません。

1日中ジョギングする人の姿が絶えることはないし、観梅やお花見の季節に訪れる人も数百万人を下ることはないでしょう。

このように、大阪城は地元の大阪人だけでなく、多くの人にとってなじみの深い存在なのです。

私は大阪城からほど近い場所、大阪天満宮に20年以上居住しています。地元民として、大阪城のさまざまな魅力をもっと多くの方に知っていただきたく、その歴史も含めて総合的に、かつできるだけやさしく解説しようと思い立ちました。

実は、観光客などで本丸広場が溢れそうなときでも、人がほとんど来ないような静謐の場所が大阪城にはたくさんあるのです。

そんな穴場(?)も写真を添えて紹介しましょう。いざ、大阪城のガイディングツアーへ出発!

※ 以下では明治以降のものについては「大阪城」、それ以前のものは「大坂城」と表記することにします。

コンテンツ一覧

地元大阪人がガイドする素顔の大阪城: トップページ
◆ 
大阪城の3つの意味 天守閣の由来 お城とはどの部分か お城の曲輪と丸 大坂城の初代城主 大手門の枡形虎口 大阪城の桃園 徳川家康の天守砲撃 淀殿ら自刃の地 大阪城の西の丸庭園 真田幸村の抜け穴跡 豊臣秀頼は巨漢? 大坂城をつくったのは? 豊臣時代の大坂城 再建後の天守閣 石山本願寺「大坂城」 豊臣時代の石垣発掘抗 蓮如上人袈裟懸けの松 大阪城の3代目天守 大坂城の配水池管 普通の人々も戦った 大名屋敷と町名の名残り 細川ガラシア像 南外堀石垣の「謎の穴」 大河のような堀 白龍大神とは 天守閣の日本庭園 大砲・お城のドン 豊国神社の復興

このページのトップへ